どんなときに債務整理が必要か

債務整理をする必要があるのは、借金を自力で返しきれないことがわかったときです。
なぜなら、借金を借金で返すようになってからでは手続きも複雑になっていくからです。
債務整理は、大雑把に分けて3段階の法的手続きがあります。
手続きをするには弁護士と相談をして、あなたの借金状況に合った手続きをする必要があります。
それでは、どのような時にこれらが必要になるのでしょうか。


借金返済が厳しい状況になる前に債務整理

一番理想的なタイミングは出来るだけ早く、複数のキャッシング会社から借り入れをする前に弁護士に相談することです。
この段階で相談することができれば、一番お手軽な任意整理で問題解決できる可能性が高いからです。
キャッシングの怖いところは、借金に借金を重ねてしまうと返済の目処がつかなくなってしまうところです。
当初の返済計画を忘れてしまうと、そこからは沼にはまっていくように抜け出せなくなるので、そうなる前に手を打たなければいけません。


ただし債務整理にはデメリットもある

債務整理は、1度行うとその後およそ5年間はキャッシングを利用することができなくなります。
なぜなら、それを行う利用者はキャッシング会社にとっては損失だからです。
信用と同様に、法的手続きの情報も信用情報機関によって保管されています。
そのため、別のキャッシング会社に申し込みをしてもその情報はどの金融機関からでも閲覧することができるので、利用できないというわけです。