借金という沼にはまってしまった時の債務整理

借金に借金を重ねて返済が困難になってしまったときでも、債務整理で問題を解決することはできます。
ただし、任意整理のように弁護士とキャッシング会社の交渉だけにはとどまらず、裁判所からの認可をもらう必要がでてきます。
とはいえ、裁判になるわけではないので費用はそこまで掛からないのが良いところです。
では、どんな手続きをとるのでしょうか。


財産を残したいときの個人再生

住居などの財産を残したまま債務整理の手続きを行いたい場合は、個人再生(民事再生)をすることをおすすめします。
多少の借金返済は残りますが、返済についての計画書が裁判所で認可されれば手元に財産を残しておけるからです。
また、個人再生はその手続きを行うのに職業の制限などもないため、身内以外には誰にも知られることなく行うことが出来るのも良いです。
所帯をもっているなどで、住居や財産を手放したくない方には向いている債務整理と言えます。


債務整理の最後の手段は自己破産

自己破産は、20万円以上のすべての財産を差し押さえる代わりに、借金を取り消せる債務整理です。
「個人再生のような大幅な借金減額をしても、自分の力ではどうにもならない」という場合には、この手続きをとるしかありません。
返済義務の取り消しという大きなアドバンテージを手に入れる代わりに、財産を手放したり資格のある職業はやめなければいけなかったりする、諸刃の剣と言えます。
ただし、20万円以下のものであれば手元に置いておけるので、第二の人生を始めることはそう難しくはないでしょう。