こんな時は弁護士に債務整理の相談をしよう

弁護士への債務整理の相談は無料なので、どのタイミングで相談をしても大丈夫です。
しかし、それではぼんやりとしすぎて困ると思うので、相談するべきケースをいくつか挙げます。
ただこれは目安なので、生活に支障が出る前には法律事務所にご連絡することをおすすめします。
借金に借金を重ねる多重債務の状態に陥る前に、手を打ちましょう!


借り入れの金利が「きつい・おかしい」ときは債務整理

利用しているキャッシングの金利が「きつい」「おかしい」と感じたときが、一番早い債務整理のタイミングです。
この段階で任意整理などの手を打つことができれば、それが最も良いです。
なぜなら、弁護士とキャッシング会社との間の交渉だけで済むため報酬金も少なく済むからです。
「報酬金?」と思っている方もいるかもしれませんが、相談は無料でも手続きが成功すれば報酬金を支払う必要があります。
公益財団法人などを活用すれば、相談から手続きまですべて無料で行うことも出来ます。


借金を返し終わった後に気づいたら過払い金

完済してから「そういえばあの借金の金利おかしいところがあったような…」と気づいたら、過払い金請求の債務整理ができます。
完済してから時効になるまでの10年間が対象期間です。
最近CMなどでよく見かけるのでご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょうが、念のため過払い金について説明すると、払い過ぎた金利を払い戻すことができる債務整理です。
なんにせよ、金利について違和感を覚えたら債務整理について調べてみると良いです。